• 江戸時代では流産を促進するためにゴボウを使っていた

    2015年5月29日

    江戸時代の遊女にとっては、妊娠は避けたいものでした。 彼女たちは、借金を理由に遊郭で働いているのが一般的でした。 しかし妊娠している間は仕事をすることができず、借金の返済ができなくなります。 江戸時代にも、避妊具はありました。 それは「御簾紙」という柔らかくて薄い和紙です。 御簾紙を折りた...

    記事の続きを読む