ヘルスケアを行いアクティブな女性達

高齢化社会が進む現代では、婦人科のニーズも高まっています

避妊手術の費用や副作用について

避妊手術の金額イメージ

子どもができることを望んでいないという人は、避妊手術を受けています。
避妊手術は世界でもっとも一般的な方法となっています。
基本的にその特徴としては永久的な措置となります。
したがって手術を受ける前にはしっかりと考えることが大切です。
避妊手術を受ける際に男性と女性に対しての2種類の方法があります。
男性に行われている方法としてはパイプカットがあります。
これは精巣から精子を運ぶ管を切除して、切断した精管の端を糸で縛るという方法になっています。
手術は泌尿器科で行われます。
手術に必要な時間は約20分となっています。
女性の場合には卵管をふさぐという手術になるのですが、これと比べると費用が安く8万円程度です。
また副作用の心配もなく体への負担も軽くなっています。
これに対して女性の場合には卵管を結紮で卵子の通り道をふさぐことによって、卵子が子宮の中にたどり着けなくする方法が行われています。
基本的には日帰り手術をすることができます。
心配される副作用ですが、あまり心配がなく、排卵も月経も今までと変わらずあります。
基本的には男性も女性も永久的に生殖能力が失われるということだけはしっかりと頭に入れておくようにします。
手術の費用は保険が適用されないので、事前に確認をしておきます。
一般的には費用は10万円から20万円程度必要になります。
そして配偶者の同意が必要になります。
避妊の方法はいくつかありますが、費用などの経済的なことや副作用のことを考えるのであれば、基礎体温を付けるということやコンドームやピルの服用があります。
しかし確実に効果を得る方法としては、男性も女性も永久的に生殖能力がなくなる避妊手術になります。