ヘルスケアを行いアクティブな女性達

高齢化社会が進む現代では、婦人科のニーズも高まっています

江戸時代では流産を促進するためにゴボウを使っていた

江戸時代の遊女にとっては、妊娠は避けたいものでした。
彼女たちは、借金を理由に遊郭で働いているのが一般的でした。
しかし妊娠している間は仕事をすることができず、借金の返済ができなくなります。
江戸時代にも、避妊具はありました。
それは「御簾紙」という柔らかくて薄い和紙です。
御簾紙を折りたたんで女性器に入れるというものでしたが、効果はあまり期待できませんでした。
避妊薬も売られており、その一つの「天女丸」は避妊作用の他にも妊娠促進の謳い文句が使われていました。
また朔日丸という錠剤は、毎月1日に飲むと避妊することができると言われていました。
現代のピルと比べると非常に効能が高いですが、実際に効果が発揮されることはありませんでした。
江戸時代の避妊方法では不十分だったのです。
このような状況で妊娠した遊女は、妊娠が発覚すると「中条流」という怪しげな場所に連れて行かれました。
彼女たちはそこで流産させるために命がけの手術を受けさせられます。
例えば流産を促進するためにゴボウを使っていました。
女性器の深いところにゴボウを突き刺していたのです。
ゴボウを差し込むことで胎児に刺激を与え、流産させようとしていました。
さらに毒を飲ませて流産を促進させる場合もありました。
このようにして流産を繰り返して、二度と妊娠できない体にしたと考えられます。
もちろんすべての遊郭でこのようなことが行われていたわけではありません。
沖縄の那覇はかつて遊郭街でした。
そこの遊女たちは「ジュリ」と呼ばれており、彼女たちは妊娠すると祝福を受けました。
ほとんどの場合、父親が誰か分かりませんでしたが、みんなの子どもとして遊郭関係者が大切に育てていました。